2019年06月08日

避難訓練をおこないました。

5月30日(木)に昼間・夜間の避難訓練を行いました。
関係機関の方にも参加して頂き、緊張感をもって職員、入居者様ともに真剣に取り組みました。
特に夜間訓練は人員が少ない為、大きな掛け声と、それぞれの役目を認識し、入居者様の命を第一に考え、行動しなければならないと改めて感じました。
また、消火器を使用した初期消火の訓練も行いました。消火器に不慣れな職員は率先して取り組みました。
  

Posted by 慈晃園  at 17:39Comments(0)

2019年06月05日

生け花クラブ

~5月22日~

お花好きの皆さんが集まり、生け花クラブが開催されました!!!

珍しい花々もたくさんあり、「こうかな~?」「こっちかな~?」と悩まれながらも

思い思いの花を手に取りきれいに飾られ楽しい時間を過ごされました(*^_^*

出来上がった作品を見て、「やっぱり花は良いですね~♪」と話されていました。


  

Posted by 慈晃園  at 14:04Comments(0)

2019年05月31日

家族会総会を開催しました。

 5月18日(土)元号が令和にかわり始めての家族会総会が開催されました。各ユニットでのボランティア活動大変ありがたく感謝いたします。
 同じユニットの入居者様でもご家族同士はなかなか会われることが少ないため、家族会という機会はとても大事な会と思っております。また、職員もご家族にお会いすることで貴重なご意見などをお聴きできますので今後ともよろしくお願いいたします。
フロアリーダー 金子香代子

  

Posted by 慈晃園  at 08:02Comments(0)

2019年05月30日

いちごの小物入れ

保育園の卒園式に合わせてコサージュを作ってプレンゼントしてから2ヶ月が経ちました。今度は何を作ろうかと利用者の方と悩んでいましたが、『いちごの小物入れ』に挑戦する事になりました。
 モデルのいちごを見て、『これなら行けそう。大丈夫!!赤が良いかな?ピンクが良いかな?やっぱりいちごは赤だよね!』と張り切って始めて見たのですが、いざ作り始めると難しい…。寝ても覚めても編み物の事ばかり。でも、積極的になられた利用者の方は、編み物の得意な同年代の方に編み方をお尋ねに行かれ、その方から『半分手伝うから、一緒に頑張ろう』と励まされ、2ヶ月近くかかって、40個の『いちごの小物入れ』が出来上がりました。出来上がる頃には、すっかりお友達に!そして、毎日のように編み物をされていた効果で、手ではどうしても開けれなかったペットボトルの蓋が開けれるようになりました。
 小さい事でも積み重ねると、リハビリになるんですね!


完成したいちごです。毛糸なのになんだか艶がありますよね~。


かわいい袋に入れてラッピング。黄色のメッセージカードをつけました。


 5月24日に行われた第1回ふれあい交流会。楽しみにしていた、ふたば保育園の子どもたちとの交流。子ども達のかわいい出し物を見せて頂いた後に、子ども達から利用者さんへプレゼント。お返しに、いちごの小物入れを渡すことができました。
 皆さん、楽しい時間をどうもありがとうございました。
  

Posted by 慈晃園  at 08:44Comments(0)

2019年04月11日

かわいいお礼

3月23日に行われた、やまぐち保育園の卒園式。その際に、卒園児の皆さんに送ったコサージュのお礼に、手作りされた利用者様向けに色紙のプレゼントがありました。
 さすがに今年小学生になる皆さん。とても上手な字で一生懸命に書いて下さっています。
4月4日に、利用者の方へお渡ししました。『子ども達に喜んでもらって嬉しい。頑張って作った甲斐があった!!』と喜ばれ、早速色紙はお部屋に飾られました。
皆さん、本当にありがとうございます。
 コサージュが一段落したので、さて今度は何を編もうか…と悩まれていましたが、かわいいイチゴの小物入れに挑戦してみる事にしました。出来上がったら、皆さんにもご紹介しますので、お楽しみに。

  

Posted by 慈晃園  at 12:18Comments(0)

2019年04月11日

お花見

春爛漫 今年のお花見も最高でした!!

さくら・すみれユニットでは3月29日~4月3日にかけてお花見に行ってきました。
季節外れの寒波の影響で肌寒い中でしたが、桜の花がきれいに咲き、桜吹雪の中「きれいかね~」と笑顔も満開でした。(#^^#)(#^^#)(#^^#)


「やっぱり花よりだんごが良いね~」などなどお話しされながらお菓子を食べたり、お茶を飲んだりされ、賑やかでした!!(^○^)


ご家族も参加してくださり、お天気も一気に良くなったようです(^O^)/
また来年も来れますよーに!!
  

Posted by 慈晃園  at 10:58Comments(0)

2019年03月19日

卒園、おめでとうございます

 保育園の園児さん達ももうすぐ卒園。いつも遊びに来てくれるやまぐち保育園の園児さんも今年は9名卒園されるとの事。お祝いにコサージュをプレゼントしよう!!という事で利用者様と話し合って決めました。モデルとなるコサージュを見ながら配色を決めました。お祝いで、春らしく、紅白とピンクを入れてみる事にしました。



 コサージュの中心部は黄色にしました。細編みという編み方で1つ1つ丁寧に編んでいきます。中心部から外側に向かって、ピンク・白・赤の順に配色。『赤が映えて綺麗だね~』と言われつつ、だいぶ完成に近づいてきました。


 1ヶ月半かけて、全部で15個のコサージュを作りました。裏に安全ピンを縫い付けてラッピング。春にちなんで桜模様の包装にしました。


3月18日。15個のコサージュを持って、やまぐち保育園へ。園長先生にお渡ししました。卒園式は3月23日との事。

卒園児の皆さん、卒園おめでとうございます。小学校でも頑張って下さいね~。


  

Posted by 慈晃園  at 14:10Comments(0)

2019年03月19日

園児さんへのプレゼント

 3月14日、今日は首を長~くして待っていた、多機能ホームやまぐちと保育園の園児さんとの交流会。利用者様が1つ1つ手編みした『ヘアーアクセサリー』のプレゼントがやっと出来ます。
 18名の園児さんからは元気な歌声を聴かせてもらい、手遊びでの触れ合いも出来ました。元気な子供たちの笑顔を見ながらこちらが沢山の元気を頂きました。
 園児さんからは『甘納豆』のプレゼントを頂き、こちらからは『ヘアーアクセサリー』をプレゼント。『僕も髪が長いからこれつけるよ』と笑顔で答えてくれる元気な男の子も。
 3月23日は卒園式との事で、卒園児の皆さんにコサージュのプレゼントをしようと思っています。楽しみにしていて下さいね~。


  

Posted by 慈晃園  at 13:59Comments(0)

2019年02月01日

私の楽しみ

 『居宅介護支援』で毎月ご訪問させて頂いている方でこんなお話がありました。
『部屋では1人だし、デイケアに行く以外は何にもする事がないの…。1人だとあんまり良い事は考えないのよね…』
 誰でもそうですよね?何か楽しい事や生きがいになるものを見つける事が出来たら、その間はあんまり悪い事は考えないですよね?
 本人様と一緒に何か楽しめる物はないかと探していたら…本人様は『鍵編みが得意!!』という事を発見。でも、たた編むだけではつまらないので、誰かにプレゼント出来たらいいですよね!!とお話をして、施設に訪問に来て下さる保育園の園児さんにプレゼントしようという事になりました。プレゼントは、『ヘアーアクセサリー』に決めました。

さっそく材料を集めてきました。毛糸や、キャラクターのついた布、くるみボタンの材料等、見ているだけで気分も楽しくなります。どの色の毛糸にしようか?どの布にしようか?と考えているうちに、時間の過ぎるのも忘れて楽しくなってきました。


編み始めると、『あれ?編み方が分からない・・・』と、悩んで眠れない夜もありましたが、お母様の編んでいた編み方であることを思い出し、お母様の作った作品を引っ張り出してきて、その編み方で1つ1つ丁寧に編んでくださいました。1ヶ月近くかけて、40個のヘアーアクセサリーが出来上がりました。


綺麗にラッピングをして、メッセージカードを付けたら完成です。
インフルエンザの時期が落ち着いたら、遊びに来てくれる園児さん達にプレゼントしたいと思います。園児さん達の笑顔に会えるのが今から楽しみです。

  

Posted by 慈晃園  at 16:37Comments(2)

2019年01月19日

お屠蘇

新年あけましておめでとうございます!!
元旦に青空ユニットにて入居者の皆様にお屠蘇を振舞いました。


お屠蘇の由来と意味とは?

お正月に無病長寿を願って飲まれるお屠蘇の由来は、「蘇」という悪鬼を屠るという説や、邪を屠り生気を「蘇生」させるという説があります。本来、お屠蘇とは「屠蘇散(とそさん)」または「屠蘇延命散」と呼ばれる5~8種類の材料を配合したようなものを漬け込んだお酒の事で、唐の時代の中国より伝えられ、平安貴族の正月行事に使われていたそうです。江戸時代には一般庶民の口にも入るようになるまで広がりました。


入居者の皆様は「もう、正月かな?」「こら、うまか!」「おかわりば!」等と喜ばれお正月の気分を満喫され、お正月のうたを唄われるなど大変喜ばれていました。


今年も入居者の皆様が楽しく生活できるように青空職員一同頑張ります!!
  

Posted by 慈晃園  at 14:23Comments(0)